Most Viewed Posts

Toggle

撮影機材

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM 導入と工場ピント調整


とっても重宝していたお手軽便利ズームの"AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR"でしたが、SIGMA Art 35mm, 同50mmのカリカリのキレに魅了されてからどうしても中間域の甘さが気になってしまい(ワイド、テレの両端は文句無し)、発売された時には目もくれなかったこのレンズへの移行を決行してしまいました~smiley 価格.comを見ると結構同じ道を辿った方はいるようですが。
諸作例から爆発的なサジタルコマフレア&歪みの存在は覚悟しつつも、中心部のキレの只一点に惹かれて。
記事掲載済の直近2回の撮影に使ってみて確かに歪みは凄いですがAF-S 24-120mmもワイド端では凄かったので『えっ、こんなもん?』って感じでした。 密かにビビッていたサジタルフレアコマ収差は私が撮影するようなポトレの画では出ようがないようです・・・っと思ったら夜景だと「これでもか~!」って位に出てますねsweat_smile。 出るのは端っこなんでモデルさんの美しさを邪魔しなければ気にしないもんね~だ。
純正と同じF4.0通しで焦点距離が15mm短いのに、フィルター径82mmで純正より重くてデカいレンズですが、体感上はあまり差を感じません。 ズームリングが逆動作ってのはとっさの場面でまだやっちゃいますが、時間の問題でしょう(他の二本の純正ズームの出番が少ないだけに)。
アホな選択かも?と思いながらも「出る画はこっちが好き」と割り切って移行しましたが、中心部のキレはさすがのSIGMA Artで現状大満足ですsmile
歪み補正が純正Caprure NX-Dでできなくなったのは残念ですが、自分で発見してNikonのサポートも認めた不具合(Source Codeに1行追加で済みそうな極めてシンプルなBug)ですら2ヶ月経っても改善されない国産純正現像ソフトにはいい加減うんざりしてたので(AdobeがLightroomのD810用カメラプロファイルの初版の一部でトーンジャンプをやらかすって現象に一瞬で対応したのを見ると余計に感じる)、いい機会かもと前向きに捉えてますsmile
いつもの備忘録
・AF-S 24-120mmに比べて良かったこと
 - ズーム全域に渡ってピント来たとこのキレがすげ~!! これだけで下取り差額¥3,000で入れ替えた価値・大!!
 - 純正よりVRの効きがいいかも・・・訴えられたけど
 - 物としての質感(金色部分が無いのが尚Good~!)
・AF-S 24-120mmに比べて残念なこと
 - ズームリングの動作が純正と逆
 - 体感上は大して変わらないけど、やはりでかくて重い
 - 1分経たないとカメラがスタンバイに入らない(OSの仕様?)
折角USBドックがあるので自分でピント調整しようかとも思いましたが、ズームだと調整ポイントが4 x 4のの16箇所あって非常に手間がかかり完璧に合わせられる自信がなく丁度自分自身が出張ってのもあって、月末の遠征に向けて万全を期すべく35mm, 50mmも合わせて3兄弟をD810のボディと共に川崎を経由して会津へと出張に出しました ・・・ まさかこの空白期間がトリガーとなって禁断の世界に足を踏み入れる事になるとはこの時点では夢にも思わずsweat_smile
そして返って来た結果がこれ↓
35mm f1.4と50mm f1.4はD800でばっちり合わせて、D810になってから目視で「合ってる」と思ってたのですが・・・やっぱずれてましたsweat_smile

これで完璧だぜいsunglasses
しかしボディ2台になったらどうすればいいんだろうか?・・・はっきりとずれてたらカメラ側で調整か?
ずれてたらその時考えよっと。
シグマの対応は送る前の2回の問い合わせの電話、着荷、発送の連絡、超丁寧な梱包と、今回の全てのプロセスにおいて素晴らしい対応で企業としてのガバナンスの徹底にマジで感動しましたopen_mouth 徹底を強要したガバナンスではなく、企業風土なのかも。
こういう会社の製品は使い続けたいと素直に思いますsmile
とろみの効いた甘い画は"フォクトレンダー NOKTON 58mm F1.4 SLII N" にお任せです・・・老体にはMFが厳しくてぜ~んぜん出勤してませんがsweat_smile

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. シグマのARTはどれも評判がいいですねー。
    製品もそうですが、サポート対応も含めた満足感の高さは素晴らしいです。
    私もピント調整お願いしてみようかなーと思いました。

  2. >sancheeeeさん、

    ありがとうございます。
    正直ズームはどうよと思っていたのですが、35mm,50mmのArtに惹かれた方々の評価は高かったので偏屈道へ入り込んでしまいました・・・正解でした!(^^)!
    ピント調整は気分的に安心感を持てるのでお勧めです。保証期間内は往復送料もシグマ持ちですから、時間さえあれば是非に。感動するような梱包で返ってきます。

  3. おぉ~、禁断のフラグシップ機の次はArtラインの24-105mmですか!
    上海ツアーに対する並々ならぬ意気込みを感じますね~
    F4通しなので嵩張らずロケ撮りには取り回しが楽そうですね。
    取り回しと言えば、フラグシップ機に大口径の重いレンズを付けた場合でも、重量バランスが良いせいか撮ってる時はあまり重さを感じませんです。
    ストラップで肩や首から提げてる場合はさすがに「重いな~」と感じるのですが・・

    >しかしボディ2台になったらどうすればいいんだろうか?
    ご心配なく、私にD810をバーゲンプライスで放出してください(笑)

  4. >華さん、

    ありがとうございます。
    いやいや、24-105mmに入れ替える時には禁断のフラッグシップ機に手を出すなんて夢にも思っておりませんでした。なので躊躇なくシグマに送っちゃってたんです。
    上海の予定が無ければ、D4を貸りて使わせてもらう事もなかったでしょうから・・・全ては上海の為に!(^^)!
    確かにしっくり来ますよね。慣性の法則でぶれにくいですし、D4Sの方がD810+BGより軽いし・・・一番軽くなったのはお財布ですが(>_<)

    >ご心配なく、私にD810をバーゲンプライスで放出してください(笑)

    受けました~!(^^)! 私は二丁撃ちをできる器用さが無いのでしばらくは使い分けかもです。

LEAVE A REPLY

*

Return Top